よくある質問

 

お問合せドマーニをお勧めする理由

①ドマーニは重度対応。

①重度対応

②日常生活に必要なサービスがすべてそろっています。

②日常生活に必要な基本的なサービスがすべてそろっています。

③高齢者住宅から在宅のご利用者まで

③高齢者住宅と在宅の利用者まで

④ドマーニではユニットケアを取り入れ、活動的な生活を楽しく

④ドマーニではユニットケアを取り入れ活動的な生活を提供

⑤費用が安心。支給限度額の範囲に収まります。

⑤費用が安心。支給限度額の範囲内に収まります。

⑥ドマーニ ケア基準

⑥ドマーニ ケア基準

⑦ドマーニでは在宅のケアマネジャーの方が継続して担当していただけます。

⑧ドマーニでのケアのこだわり

⑦在宅のケアマネジャーが継続して担当できます。⑧ドマーニでのケアのこだわり

■入居に関するQ&A

Q1.サービス付き高齢者向け住宅とは何ですか?

平成23年、国土交通省と厚生労働省が共同主管して創設した新しい制度で、「高齢者単身・夫婦世帯が安心して居住できる賃貸等の住まい」です。

 

Q2.サービス付き高齢者向け住宅の「サービス」とは何ですか?

サ高住に関する誤解のうち、いちばん多いのが、この「サービス付き」の意味を、「介護サービス付き」と思われることです。サ高住は施設ではありませんので、介護サービスはついていません。

ついているのは、食事サービス(オプション)や家事代行サービス、生活相談や安否確認、緊急時対応など、いわゆる「生活支援サービス」と言われるものです。

単なる賃貸住宅ではなく、生活上の基本的なサービスがついていることで、高齢の単身者や夫婦世帯の方々が安心して入居していただくことができるようになりました。

だから、高齢者ための日常生活のサービスが付いた賃貸住宅、それをサービス付き高齢者向け住宅というのです。もっと簡単に言えば、食事つき・相談員付き賃貸住宅です。

 

Q3.要介護状態になった場合はどうするのですか?

介護保険の在宅介護サービスを利用することができます。制度的には、外部の介護サービスを利用することもできますが、「ドマーニ」では重度の要介護高齢者の方に対応できるよう、24時間対応の定期巡回・随時対応型訪問介護看護、そしてデイサービスを併設いたします。

これによって24時間365日、食事・入浴・排泄等日常の介護から家事援助、健康管理・リハビリ・レクレーション・外出・季節の行事など、楽しく潤いのある生活を送ることができます。

こうすることで施設と同様のサービスを受けられますので、「ドマーニ」は、要介護状態になっても「施設に入らず」暮らし続けられる第二のわが家となり得るのです。

 

Q4.サービス付き高齢者向け住宅ドマーニの介護と従来の在宅介護の違いは何ですか?

サービス付き高齢者向け住宅ドマーニは在宅でありながら、24時間体制の介護サービス(定期巡回・随時対応型訪問介護看護)を組み合わせることで、施設と同様の介護と看護のサービスと24時間の安心感を提供する新しい住まいです。

「サービス付き高齢者向け住宅ドマーニ」と「在宅」の一日の比較

定期巡回と訪問介護の違い

 

私たちのサービス付き高齢者向け住宅ドマーニは介護付有料老人ホーム「サンリベラル道後」の経験から、暮らしやすさを追求し、24時間の中で必要なケアを必要なだけお届けします。

単なるお世話ではなく、ご利用者の「生活機能の向上」(残存能力の活用)とハンディキャップがあっても普通の当り前の生活が送れる「生活の質の向上」を目指しています。

 

Q5.24時間定期巡回・随時対応型訪問介護看護とは、どういうサービスですか?

24時間定期巡回・随時対応型訪問介護看護は、ご本人の生活リズムに合わせ、基本的な日常生活の介護を、一日に複数回、毎日行う定期巡回サービスと、排泄や急変等をナースコールで連絡していただき、随時に対応する随時訪問サービス、そして看護職員による健康管理サービスを一体的に提供するサービスです。従来の在宅サービスではできなかったきめ細かい対応が可能ですので、施設と同等の介護サービスを受けることが可能になります。

 

 

Q6.一般的なサ高住は従来の訪問介護を併設していて、それでも24時間対応と言っていますが、24時間定期巡回・随時対応型訪問介護看護にした理由はなんですか?

まず第一に費用が違います。

従来の訪問介護は出来高報酬といって、1回ごとのサービス時間につき、料金がかかる仕組みです。

したがって、サービス回数が増えるほどに料金が高くなります。在宅の場合、要介護度別に介護保険の支給限度額が定められていますが、重度になると費用が限度額内に収まらず、全額自己負担が発生し、料金が高額になる恐れがあります。

24時間定期巡回・随時対応型訪問介護看護は、月の包括報酬といって、要介護度別に定額になっています。したがって、重度になってサービスが頻回に必要になっても、追加料金は発生しません。

第二に、サービスの対応力・柔軟性が違います。

これまでの訪問介護は、ケアマネジャーの作成したケアプランに基づき、決まった時間にヘルパーが訪問する定時サービスしか提供できません。ケアプランに入っていないサービスは保険外として対応しません。保険外の自費サービスとして対応することは可能ですが、余計に費用がかかります。

サービス付き高齢者向け住宅の中には、住宅業者みずからが介護保険のヘルパーではできないサービスを、生活支援サービスとして自費の介護サービスとして提供するところもあります。これも当然、別費用ですので、場合により高額になってしまうことがあります。

面倒なのは、介護保険のヘルパーと生活支援サービスの職員とは事業所が別々なので、対応がわずらわしいという欠点があります。

しかし、24時間定期巡回・随時対応型訪問介護看護は、定時も随時も両方とも介護保険サービスとして対応可能ですので、頼みやすく、かつ職員同士の情報交換も容易ですから、ご利用者にとって、より密接にかかわることができます。

サービス付き高齢者向け住宅の入居者様にとって、一番使いやすい訪問介護は、24時間定期巡回・随時対応型訪問介護看護をおいてほかにないと考えております。

 

Q7.利用できる介護保険サービスは3つだけですか?

いいえ、「ドマーニ」は在宅ですので、その他の在宅介護サービスも必要に応じてケアプランに入れることで利用できます。介護用ベッドや車いすも福祉用具レンタルの対象ですから、1割自己負担で利用できます。

介護サービスの利用についてはケアマネジャーのケアプランに基づきますが、基本的には「24時間定期巡回・随時対応型訪問介護看護」+「通所介護」+「福祉用具貸与」の3つのメニューの組み合わせることで必要十分なサービスを受けることが可能です。

これに「食事サービス」+「生活支援サービス(生活相談・安否確認・緊急時対応)」が住宅より提供されますので、過不足のない支援体制が整っております。

 

Q8.もし長期入院した場合、退去しなければなりませんか?

いいえ。入院による退去条件はありません。住宅とは賃貸借契約ですので、家賃等のお支払いをしていただければ、入居契約は継続されます。

なお、近隣の医療機関とも連携をとっております。往診、訪問診療を受けることができますので、健康面で心配がある方も安心です。訪問看護による日々の健康管理とあわせ、可能な限り入院せず、住宅で療養できる体制を目指しております。

 

Q9.入居一時金はありますか?

ありません。一般の賃貸住宅と同様、敷金2ヶ月はございますが、退去時、債務・清掃費用等を清算後、返却いたします。

 

Q10.機能訓練はありますか?                                                    

介護サービスの組み合わせ方はケアプランにより個別に設定されますが、標準的な利用ではデイサービスは週2~3回のご利用になることを想定しております。

デイサービスが担当する分野は、①機能訓練、②入浴介助、③レクレーション(季節の行事)、④外出ドライブ(機能訓練の一環として)で、入居者様のアセスメントに基づき、適切に実施いたします。

 

Q11.入浴はデイサービスだけですか?

デイサービスの浴室には機械浴を用意しておりますので、全介助が必要な方はデイサービスでの入浴になりますが、居住フロアにも浴室がありますので、入浴が自立または見守りでよい方は、そちらでも入浴が可能です。

 

Q12.受診の送迎や付添いはしてもらえますか?

要介護高齢者で通院が困難な方は、訪問診療を受けることができます。個別の通院が必要な場合、有料の送迎サービスがあります。

受診の付添いは、所要時間と頻度により介護保険対応の場合と有料の保険外サービスになる場合があります。

 

Q13.掃除や洗濯はしてもらえますか?

居室の清掃は、介護保険の生活援助の家事代行として、日々のケアに合わせ、各所の清掃をこまめに行います。洗濯についても同様ですが、洗濯機の使用料がかかります。

 

Q14.金銭管理はしてもらえますか?                                   

いいえ、事故防止のため、通帳や現金をお預かりする金銭管理はしておりません。受診費やお薬代、日常生活に必要な日用品・消耗品等の購入については立て替え払いをいたします。ただし、10,000円以上の商品の購入につきましては、入居者様・ご家族様が直接お支払いください。

 

Q15.入居時、どのようなものを準備したらいいですか?

住居はわが家ですので、家具などお好きなものを持ち込まれても結構です。自由にお使いください。

介護用ベッドは、介護保険の1割自己負担でご利用いただけます。また、中・重度の方向けに3モーターの貸出用介護ベッドを用意しております。

寝具については、布団・枕はご自身で用意していただきますが、布団カバー・シーツは定期的な清潔保持のため、寝具の貸し出しサービスをご利用いただきます。

 

Q16.居室で喫煙はできますか?

集合住宅ですので、火災予防の観点から室内での喫煙は禁止させていただきます。所定の喫煙場所をご利用ください。

 

 

Q17.自由に外出できますか?

サ高住は基本的に賃貸住宅ですから、外出等を制限することは一切ありません。自由に外出できます。

ただし、入居者ご自身の心身の状況により、歩行に心配がある、信号機や場所の認識に不安があるという場合は、担当ケアマネジャーや介護サービス事業所とご相談いただき、適切な外出方法を選択していただきますようお願いいたします。

 

Q18.どのような看護サービスを受けることができますか?

基本的に訪問看護サービスと同様の看護サービスを主治医からの指示書に基づき、提供いたします。

訪問看護サービスは、介護保険給付と医療保険給付に分かれ、定期巡回随時対応型訪問介護看護は、介護保険給付として健康管理を中心として、医療的処置、経管栄養の対応、褥瘡処置、点滴等のサービスを行います。

疾病により介護保険ではなく、医療保険の訪問看護サービスを提供することもあります。詳しくは担当者にお尋ねください。

 

 

ドマーニをお勧めするこれだけの理由

よくある質問Q&A

ドマーニ説明資料

 

 

 

 

 



But the is I again. I powerful pharmacy rx one by free. Skin, light of SPF I pharmacy rx one working. I I'm wearing big too session. When light. Nice.